アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

リカバリーか修復か

ハードディスクを分解する

 パソコンの修復には、リカバリーによる修復と、データの修復があります。
 何らかの理由によって、ハードディスクの内容が破損してしまい、基本OSが起動しなくなってしまった場合には、リカバリーディスクを使って基本OSの再インストールからスタートしないといけません。
その場合、ハードディスクのデータはすべて初期化され、新しくデータが上書きされることとなります。
 一方、データの修復は、リカバリーなどのようにフォーマットや上書きはせずに、ハードディスクに残っているデータの残骸を活かしてデータ復旧させます。
 100%データ復旧させることは保証できませんが、かなりの情報を復旧させることは技術的には可能です。

データ復旧は可能。

 パソコンを利用する場合、「ファイル」を取り扱います。
 この「ファイル」には、大きく3つの情報で構成されています。
 ひとつはファイルの名前です。
通常、基本OSはファイル名をもとに情報を管理しています。
 二つ目はデータ本体です。
 実は基本OSでは、ファイル情報はファイル名とデータ本体を別個に管理しています。
 三つ目はファイル名前とデータ本体を連携させる中間情報です。
これは一般ユーザーが利用することはありません。
 以上の構造により、ハードディスクにはデータ本体が個別に記録されているため、強制読み出しプログラムなどを用いてデータ本体を読み出すことは技術的には十分可能です。

便利なこと

ハードディスク

パソコンは便利なことがたくさんあります。
まずはwordを使うことで年賀状や手紙を簡単に作成することができます。
ほかにもパワーポイントは会議やゼミでの発表などの時にとてもやくにたちます。
ほかにもパソコンを使ってお金を稼ぐことができます。
どうやって稼ぐかというと、ヤフオクなどで自分のものをうってお金を稼ぐ方法もあります。
他にもポイントサイトや記事を書いたりすると家にいてもお金をかせぐことが出来るので便利です。

不具合でも焦らない。

 よくパソコンのハードディスクが破損してしまい、書き込んでいたデータが読み出せなくなったりすることがあります。
 ほとんどの方はその時点でデータがすべて破損してしまい、データを修復することは不可能であると思われがちです。
 ところが、破損したと思われている状態においてでも、ハードディスクからのデータ復旧は可能なケースが多いのです。
 これは、ハードディスクのデータ読み書きで用いられているファイル管理方式によります。
 パソコンの挙動がおかしかったり、ハードディスクの様子がおかしかったりした場合には、動作している状態のうちに、セルフテストなどを行うことが大切です。

ハードディスクとは

ノートパソコンを持つ男性

ハードディスクとはパソコンのデータを記録していくものです。
ハードディスクは要領が少なくても外づけでつけることが出来るので要領が少なくてもいいです。
でも、この部分にデータを保存しておくと壊れたときに復旧が難しいです。
このハードディスクは外部やほこりなどに弱く壊れやすいです。
なのでこのHDDはほとんどが使い捨てのようになっています。
そしてこれは自分で取り替えたりすることもできます。
なので壊れても大丈夫です。

データ復旧とは
データ復旧はハードディスクが壊れているときにします。
パソコンのHDDが壊れてしまうと業者に頼むしかなくなります。
でも業者に頼むと20万以上から100万円の間がかかるようになります。
これは結構高いので大切なデータは他のものにデータを保存しておくようにしましょう。
パソコンはデータ復旧をパソコンのソフトを使って直せる場合もありますが、データすべてを回復することは難しいです。
でも安くパソコンを直したいときはソフトを使ってください。